お父さん、お母さん

お父さん、お母さん

悲しい記憶 鮎斗君のお父さんが13歳のときの出来事で福島の炭鉱町へ行くことになった

どうして 母は自らの死を選択したのか あまりに遠い昔のことで記憶も曖昧だが、それは今は亡い父の裏切りだった。ある時、父と母は温泉の硫黄の匂いが漂うタオルを持って言い争っていたことがあった。どうも、父は他の女性と温泉に行っていたようだ。その...
お父さん、お母さん

鮎斗君のお父さんのプロフィール

データ 出身:北海道十勝 現住所:福島県いわき市在住 職業:自動車整備工、旋盤工を経てラーメン専門店、洋食レストランでの調理業務から大手給食サービスマネジメント会社でシェフ兼マネージャーを22年勤め、2010年56...
お父さん、お母さん

一息1・コンプライアンスってなに いきがってくるあおり運転の車には触らぬ神に祟りなしだ。危うく自分も加害者になるところでもあったな

近頃めっきり弱気になりまして 世の中の動きや、出来事を我が身に置き換えて物事を考えるのは大事な事だ。今コンプライアンス遵守についてはどこの世界でも叫ばれている。決められた法令を守ことは企業の責任でありそこで働く一人ひとりの...
お父さん、お母さん

母の記憶 編み物教室の先生、ヌカ小屋のヌカ運び、ヌカストーブ、鮎斗君のお父さんが子供の頃北海道の冬の風景が鮮やかに蘇ります。まさに人生はここから始まって、そしてここから曲がってしまった

母は編み物教室の先生をしていた記憶がある。 家は平屋で8畳くらいの板の間(居間)と10畳くらいの畳の部屋が2つと土間を挟んで トイレ(当時はトイレとは言わず便所 と言っていた。もちろんボットンです。)が一列に並んだ細長い家だった。...
タイトルとURLをコピーしました