少年時代

少年時代

ムクの毒饅頭 鮎斗君のお父さんが小さかった頃飼っていた雑種犬(ムク)は夕方になっても帰ってこなかった。

ムクとの思い出 鮎斗君のお父さんがまだ小学生低学年のとき、家で一匹の犬を買っていた。中型の濃い茶色味がかったベージュ色の雑種犬だ。「ムク」と名付けてかわいがっていた。 その頃の犬の飼い方としては、今のように必ずしもリ...
少年時代

悲しい記憶 鮎斗君のお父さんが13歳のときの出来事で福島の炭鉱町へ行くことになった

どうして 母は自らの死を選択したのか あまりに遠い昔のことで記憶も曖昧だが、それは今は亡い父の裏切りだった。ある時、父と母は温泉の硫黄の匂いが漂うタオルを持って言い争っていたことがあった。どうも、父は他の女性と温泉に行っていたようだ。その...
少年時代

母の記憶 編み物教室の先生、ヌカ小屋のヌカ運び、ヌカストーブ、鮎斗君のお父さんが子供の頃北海道の冬の風景が鮮やかに蘇ります。まさに人生はここから始まって、そしてここから曲がってしまった

母は編み物教室の先生をしていた記憶がある。 家は平屋で8畳くらいの板の間(居間)と10畳くらいの畳の部屋が2つと土間を挟んで トイレ(当時はトイレとは言わず便所 と言っていた。もちろんボットンです。)が一列に並んだ細長い家だった。...
タイトルとURLをコピーしました