年金記録 鮎斗君のお父さんが透析導入になって障害年金を申請して支給決定が決まるまでの記録

障害年金年金が貰えるまでの申請の記録です 病気
障害年金年金が貰えるまでの申請の記録です
この記事は約4分で読めます。

障害年金が給付されるまで

 

  • はじめの一歩: まず、障害年金が申請できる条件として透析治療が開始されているか問われるようです。自分は平成25年2月26日から透析治療が始まりました。(59歳)

 

  • 問い合わせ: 3月12 電話による年金ダイヤル(0570-05-1165)へ障害年金の申請について問い合わせる。電話口で用意したもの「年金手帳(年金番号)、障害者手帳、病歴記録(自分で書いた大まかな病歴のメモ)」

 

以下1回目の訪問から5回目まで、当時は予約制ではなかったため先着順で窓口に呼ばれるまで3時間以上かかるときもあった。年金関連の相談は当然ながら高齢者が多いので皆さん大変早くから行っている人が多く10時頃行ってもメッチャ混んでた自分は肺疾患も有るので長時間待つのは大変つらかった。

 

社会保険事務所へ手続きに行くが、行く度ごとに大変込み合って時間がかかるのに、5回も行く羽目になった

 

  • 一回目の訪問: 3月15 日年金事務所で相談。年金手帳(年金番号の確認)、病歴の確認(透析開始されているか確認)、腎臓病が初めて分かったときの状況確認、その当時の年金加入(納付)状況の確認等・・・。

上記確認事項で大まかに障害年金の受給対象になることを確認し、ここで初めて申請書一式と初診日確認のための診断書用紙がもらえた。

同日、地元初診クリニックで診断書を書いてもらう。

翌日、申請書の診断書の欄に透析クリニックの診断書もらう。

 

  • 二回目の訪問: 3月20 日申請書と診断書を持って二回目の相談。初診日の認定において初診クリニックの診断書と透析クリニックの診断書で日付の違いを指摘される。

再度各クリニックにて診断書の日付の修正依頼する

 

  • 三回目の訪問: 3月22 日付けを修正した申請書について三回目の相談。日付の問題は解消されたが、申請書中の病歴記録の書き方について(通院していた期間と、していない期間の記載漏れの修正を指摘される

 

  • 四回目の訪問: 3月25 通院していない期間の記入漏れを修正し四回目の相談。やっと、申請書の全般を確認し、申請の受理が完了した。

 

  • 五回目の訪問: 3月29 受理された申請の内容で、初診日の記載と診断書の日付に間違いがあると思われるところがあると連絡を受け五回目の相談。その場で申請書の修正。

 

この段階から審査の決定が出るまで3ヶ月かかるとのこと

 

じっと待つしかない。審査がどうなったか非常に心配だ。

 

ついに年金証書が届く

 

  • 年金証書の到着: 5月30 東京の日本年金機構から年金証書が届いた。

  障害の等級は2級15号と記載がある

 

同封のしおりによると、最初に給付されるまで年金証書が届いた後50日程度かかるとあるので、振込みは多分7月20日前後かと思う。

 

振込み予定のお知らせは、振り込まれる4,5日前に予定の通知が送られて来るらしいが、6月19日現在、まだ通知はない。

 

年金振込日は偶数月の15日とわかった。2ヶ月分を翌月15日に振り込まれるらしい。多分6,7月分を8月15日支給のようだ。

 

以上が鮎斗君のお父さんの障害年金の申請の様子だ。参考にされたし・・・

65歳、老齢年金への切り替え

 

平成31年の誕生日で65歳になるのを前に老齢年金の受給資格が発生するため、切り替えの手続き申請の案内が来た。障害年金の受給者は老齢年金か障害年金か又はそのMIXかを選択できるらしい。

 

自分の場合は62歳から老齢年金の受給資格があったけど、障害年金をすでにもらっていたのであえて65歳での申請にしたのです。(その分も支給額が増加されているのだそうですよ)

 

すでに障害年金を受給しているので、その申請はさほど面倒なものではなかった。年金相談は今は電話予約制だったので申請は待たされることもなく、窓口担当者も親切丁寧に説明してくれて特に問題なく申請が受理された。その後誕生日が来て65歳を経過した後、再度年金の選択の確認のはがきが届いたので、再度予約相談して選択を決定した。自分の場合は障害年金と老齢年金のMIXを選択した。結果以前の一回の年金額より6万円多く支給されることとなった。ただし、障害年金部分は無税だが老齢年金部分には所得税が課せられるようだ。又、更に65歳になると障害年金受給者は後期高齢者保険制度と介護保険に加入するためそれぞれの納付書が送られてくるようだ。

 

後期高齢者保険の保険料は、自分の場合は障害年金受給者の特例割で年間約8000円から9000円になるらしい。(ネットで調べても条件の判断が難しくてよく分からなかったので、後期高齢者保険の窓口に電話で聞いたら丁寧に教えてくれた)又、介護保険は年間4000程度らしい。どちらもその翌年から年金から天引きされるとのことです。

 

年金はもちろん個人によって金額が違ってくるので皆さんに当てはまるものではありませんが、全体的な流れはだいたい参考になるのではないかと思いますから、これから申請する方は参考にされてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました