オブジェ

鮎斗君

成長の記録 鮎斗君のこだわりは、見たものをそのまま風景写真のデータベースのように記憶して、一枚一枚取り出してはそれを再現しようとする

鮎斗君のこだわり 鮎斗君の一日は、ゲームで始まりゲームで終わる。ゲームをやる時、どのゲームをやるか順番やその難易度(レベル)、対戦モード、音量や繰返す回数、そして複数あるコントローラーを置く位置なども決まっていてそれを変えようとは...
鮎斗君

鮎斗君のオブジェ 記憶の断片を取り出して再現しようとする強いこだわりが、心の叫びだ。

遠い昔に思いを馳せる 「魔女の宅急便」のビデオでトンボがキキをプロペラ付きの自転車の後ろに乗せ走るとき対向車に危うくぶつかりそうになって宙に舞い上がりそして公園らしき芝の上に落ちて自転車が横倒しになる。このシーンを何度も巻き戻して...
タイトルとURLをコピーしました