楽天

鮎斗君

いつもの朝梅雨真っ只中 鮎斗君の何気ない仕草や表情などの中に普通では味わえない喜びを感じることができる。

繰返す毎日 朝、鮎斗君を起こしていつも通っている障がい者支援施設まで車で送っていく。朝から蒸し暑い感じがする。車に乗り込んでエンジンを起動する。細かな霧とも靄(もや)ともつかない極細かい水滴がフロントガラスにびっしりと張り付いてい...
タイトルとURLをコピーしました