溶接

お父さん、お母さん

鮎斗君のお父さんの少年時代 自動車の修理工 自己満足だけの仕事から、何か物を作って客に提供し喜んでもらうと言う”創造の喜び”の世界を知る

鮎斗君のお父さん少年時代 17歳の頃鮎斗君のお父さんは町の小さな自動車の修理工場に勤めていた。普通の自動車からダンプカーや建設機械まで幅広い車両の修理業務をてがけていた。今から50年前の事だが、当時の自動車はまだ発展途上で、路上でエンスト...
タイトルとURLをコピーしました