ついにやってしまったWin10消失。7年間分のデータ救出ならず、のべ48時間を費やしてやっと再インストール成功しました。

PC
この記事は約7分で読めます。

XPS13システムデータ

  • OS Windows8 2013年購入直後Win8.1にアップグレード
            2015年無償配布されたWin10 Homeにアップグレード
  • Intel Corei7-3537u CPU @2.00GHz 2.5GHz
  • 実装メモリ 8.00GB
  • 64ビットオペレーティングシステム
  • その他 Win8インストールディスクDVD付属
        Microsoft office2013(Excel、Word)付き

XPS13と共に

週4回の透析治療は一回6時間の長丁場。9時半に治療室に入り昼食までの午前中の3時間をこのXPS13を使用してブログ記事を書いたり、AndroidStudioでアプリを作ったりExcelでマクロをいじくって時間を過ごしている。治療のない日は、早朝5時から午前中はいつもこのスタイルで筆者のライフラークとなっている。

 

7年前に透析治療が始まった年にXPS13をちょっと高かったけど奮発して買った。以来7年たっても性能は十分で全く故障もしない素晴らしいPCだ。購入後5年くらい経過したあたりでバッテリーが弱って、1時間ぐらいでDownするようになったのでネットで見つけたバッテリーを自力で交換したのが唯一★を一つ減らしたくらいだ。総合評価は星4★★★★☆だ。

ある日突然に

ある時、気まぐれでECLIPSEをやってみることにした。携帯アプリを作るにはAndroidStudioがあるからそれで十分だったが、以前からイクリプスとはどんなものかと興味があってやってみたいと思っていたのだ。

 

ネットで色々探していて、Pleiades All in Oneをダウンロードしてきた。

何とかインストールはうまくいって、プラグインソフト導入もやってみた。SwingやSQLite、DBviewerも導入した。テストで簡単な文字列を表示するフォームを作ってみたら以外にうまくいった。

 

それでも、いろいろネットで調べてみるうちにSwingは廃止になるらしいとのことで、JavaFXを導入することにした。そこで、色々いじくっているうちにプラグインの導入でネットの説明通りにならないところが出てきて、それで何度もECLIPSEの違うバージョンを入れ替えてみたりした。結局、2017年の4.7.3のバージョンで設定するのが一番しっくりできた。なんだか頭がごちゃごちゃになってしまって、何を思ったかwin10の更新ポイントを前回の更新時までもどすことを思いついてしまった。そんなことは全く必要なかったが、実行した。明日は透析治療がお休みなので、とりあえずはそこまでにして後は明日にしようとそのままPCを閉じた。

 

翌朝、いつものようにPCに電源を投入したらいきなり今まで見たことのないブルースクリーンが表示された。・・・。やってしまった!!!

 

二階のデスクトップPCで検索して調べてみると、システムの復元を実行するとしばしばこういうことが起こるそうだ。

 

ブルースクリーンにいくつか表示されているメニューからシステムの修復を実行したがうまくいかなかった。結局、初期状態に戻すしかないようだった。今まで作成してある個人データだけは救出しようと、コマンドプロンプトからアタックした。COPYやXCOPYで救出を試みたが、一番大事なAndroidStudioのアプリデータがどうしても見つからない。エクスプローラのツリー表示から見るのとは違って、この真っ黒のコマンドプロンプト画面から非常に難しい、半日をかけても見つからなかった。データはあきらめて初期化することにした。

 

しかし、回復メニューからはどうやっても回復はできなかった。なんとこのPCを買ってから一度も回復ドライブを作っていなかった。バックアップもとっていなかった。

 

そこで思いついたのが、二階のデスクトップで回復ドライブを作って回復を試みたのだ。外付けのSSDドライブに回復ドライブを作り、さっそくXPS13に読み込ませようと試みた。

 

なかなかbootしない。そうですbootさせるにはBIOS設定場面からboot設定で起動するドライブを設定しないといけないのです。で、色々調べたらF12キーを使うとBIOS画面で設定するらしい。が、それがなかなかうまくできない、試行錯誤してどうやらF12キーを押さえたまま電源投入することでやっとBIOS画面が開いた。

 

BIOS設定

BIOS設定画面の出し方(XPS13の場合)
PCに電源が投入する前にF12キーを押さえる。(押さえたまま)
電源ボタンを押す。
一瞬、画面中央にdellのロゴマークが出て次の画面が出た。

LEGACY BOOTの項目以下に起動するハードウエアが並んでいる。
ここで起動させたいドライブを一番上に移動させるるのだ。
それで、setup画面を表示させる


OTHER OPTIONS項目のSetupにカーソルを持ってきてエンターを押すと下の画面になった。


右矢印キーでカーソルをBootに持ってきたら、下矢印キーで起動させたいドライブを選択してプラス(+)キーかマイナス(ー)キーを押して一番上に移動させる。(ここではCD/DVDドライブを起動させる設定にしています)
最後にメニューのExitを選択して保存して終了します。ここでエンターキーを押す前に起動させるドライブを接続しておきます。で、エンターキーで最初の電源を入れた状態から始まるので接続したドライブからBootできます。

BIOS設定画面は使用するPCによって様々ですが大体、F2、F8、F12のキーが使われているようです。大体は電源投入直後に出るロゴマークの画面の右上端か右下端にそのキー種が表示されるようです。大抵は電源投入後ロゴマークが出ているうちにそのキーを連打するといいらしいのだけど、今回はちょっと違っていました。
試行錯誤、色々やってみることが大事ですね!!
 
やっとの思いでBIOS設定がうまくできたて、SSDからインストールが始まった。
回復ドライブを作るのもいい加減時間がかかった。寝る前に始まって朝起きたら終わっていたから、どのくらいかかったかわからないが、この再インストールもいい加減時間かかったです。
 
 
何時間か掛かってインストールが終わってWin10が起動してくれた。さてディスクが初期化されてしまったので、AndroidStudio、エクセル、Eclipse、VideoPad等々以前使っていたソフトを再インストールした。
 
 
ところが、ところが、各ソフトを起動させると「お使いのバージョンでは起動できません」のエラー表示が連発した。調べてみるとなるほど、二階のPCはWin7Proからの無料アップデートだったのでWin10Porがアップデートされたようだった。しかも32Bit版だった。なるほど、XPS13は64Bitのマシンだったからエラーが出るのだろうと理解した。

 

絶望した。もう新しいマシンを買うしかないのか!!

 

最後の悪あがきをしてみることにした。

しばらく考えて、思いついた。買った時のパッケージの段ボールがまだ保管してあった。そこにバックアップDVDがあったのだ。それはWindows8だった。

助かった!!と思った。

 

ところが、このXPS13にはDVDドライブがない。結局ネットで外付けDVDドライブを買う羽目になった。痛い出費だけどダメもとでやるしかないと購入を決定。

 

翌日夜お急ぎ便で届いたDVDドライブにさっそくWin8ディスクを入れて起動させる。もちろんBIOS設定をしっかりやったのは言うまでもない。

 

DVDドライブがうなり始めてBoot成功。bootはしたけど、Win8のロゴが出た直後エラーメッセージが出る。このPCのドライブフォーマットの形式が違うのでインストールできないと言ってきた。

 

やっぱりダメかあ・・・。少し落ち込んだけどここまで来たからにはあきらめないで最後までやってみようと思った。

 

エラーメッセージにはMBRはだめでGPTにしか対応しないと書かれていた。そもそもGTPってなんだというところからまた調べ始めた。

Win10無料アップデートは2020年7月も可能でした。

Win10はMBRフォーマットでWin8はGPTフォーマットなのだそうだ。
コマンドプロンプト画面で、diskpartコマンドを使って起動ドライブをGPTフォーマット形式に変換することが可能だと分かった。ここからの細かい設定は省略するが、この工程をクリアしてまず、工場出荷時のWin8が再現された。そのあとはWin10が現在も無料アップデートが可能だと知り、まずWin8からWin8.1にUpdateしてさらにWin10を再度Updateした。そして各ソフトのインストールも終わり、無事動作確認もした。

教訓

長い、長い時間を費やした。途中何度も投げ出しそうになったけど、頑張ってみてよかったです。新しいXPS13もすごく魅力的だけど、7年たってもバリバリのこのマシンはまだまだ使えそうなのでもう少し長く使っていきますよ

教訓
バックアップ、回復デスクは必ず作成しておく。(時間かかるからついつい後回しにしてしまうんですね)

コメント

タイトルとURLをコピーしました